妊婦の便秘を解消する食べ物&運動です!

妊娠中に起こる苦しい便秘。赤ちゃんがいるから無理なことはできません。できれば便秘薬や下剤は使いたくはないですよね。そんな妊婦さんに便秘を解消する食べ物&体操をお伝えします!!

便秘にキウイフルーツが持つ凄い効果とは?

 

先日の記事で朝食にキウイフルーツを毎日

 たべていることをご紹介しましたが、このキウイ

フルーツは食物繊維がとても多いくだものです。

 

onakagenki.hatenablog.com

 

まさに便秘解消には最も効果があるくだものと

言ってもいいと思います。

 

キウイには、100gあたり水溶性食物繊維が0.7g、

不溶性食物繊維が1.8g含まれています。

 

りんごが、同じく水溶性が0.3g、不溶性が1.2gですし、

 バナナは水溶性が0.1g、不溶性が1.0gなんですね。

 

いちごは、水溶性0.5g、不溶性0.9g、なしは、

水溶性0.2g、不溶性0.7gしかありません。

 

よく、便秘の時にはバナナがいいと言われますが、

キウイにはバナナ約2本分の食物繊維があるのです。

 

もう一つの特徴として、キウイはこの2つの食物繊維

のバランスが理想的です。

 

すなわち、便秘解消のためには水溶性と不溶性の

2種類の食物繊維を摂らなければいけませんが、

そのバランスが不溶性:水溶性=2:1であるのが

最も理想とされているからです。

 

食物繊維だけでないキウイの持つ効果!!

 

また、キウイの持つ凄い効果は食物繊維だけでは

ありません。

 

便秘解消だけではなく、便秘によって起こる

いろいろな症状や弊害に対してもすばらしい

効能を発揮してくれるのです。

 

キウイ1個はりんご5個分に相当する栄養価があると

言われているのもその由縁なんですよ。

 

f:id:mada711802:20170415181351j:plain

キウイの栄養素のここがすごい!!

 

1.ビタミンCがみかんの2倍以上

 

キウイのビタミンC含有量は100gあたり69mgです。

ビタミン豊富と言われている温州みかんが32mg

ですから2倍以上ですね。

 

ちなみに、いちごは62mg、レモン果汁は50mgです。

 

ビタミンCは、肌荒れやシミ、そばかすにとても効果

がある栄養素です。

 

便秘による肌荒れは、女性にとって最大の悩みの種

ですから。

 

また、ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けたり、

メラニン色素の過剰生成を抑えてくれるのです。

 

2.胎児に欠かせない葉酸が豊富

 

お腹の赤ちゃんの成長に大切な栄養素である葉酸

細胞の分化や造血機能を保つためにも、特に、

妊婦さんはたっぷりと摂らなければいけません。

 

キウイにはこの葉酸30㎍も含まれています。

ちなみに、バナナは26㎍、温州みかんは22㎍と

なっています。

 

3.その他

 

その他の栄養素として、ミネラルのカリウム

抗酸化作用を持つビタミンE消化を助けてくれる

酵素であるアクチニジンポリフェノールなど、

妊婦さんに必要な栄養素がたくさんあるのです。

 

便秘解消とお腹の赤ちゃんのために、ぜひ1日に

1~2個のキウイを食べられることをお薦めします  ^^)