妊婦の便秘を解消する食べ物&運動です!

妊娠中に起こる苦しい便秘。赤ちゃんがいるから無理なことはできません。できれば便秘薬や下剤は使いたくはないですよね。そんな妊婦さんに便秘を解消する食べ物&体操をお伝えします!!

妊娠中の便秘の飲み物にココアが効く!!

「ココア」って聞くと、わたしはすぐ、

"ポリフェノール"って思い浮かべてしまいます。

 

赤ワイン、緑茶などに多く含まれ、抗酸化作用により

コレステロールが血管に詰まるのを防いで、動脈硬化

を防止することで有名ですよね。

 

血圧を改善し、血管をしなやかに保ちます。

 

しかし、このココアは便秘にもすごく効果

あるんですよ。

 

妊娠中の便秘解消には欠かせない飲み物なんです。

 

まず、食物繊維がとても豊富です。

 

ミルクココア100gあたり、水溶性食物繊維1.3g、

不溶性食物繊維4.2gで、計5.5gの食物繊維

あるのです。

 

なんと、ごぼう(水溶性2.3 g、不溶性3.4g)や、

アボガド(水溶性1.7g、不溶性3.6g)と同じくらいの

食物繊維を含んでいるのです。

 

ちょっと意外ですよね。

 

ココアにはリグニンがすごく豊富!!

 

ココアの不溶性食物繊維は、リグニンという

食物繊維が多く、ココア全体の1/3程を占めて

います。

 

ココアにはリグニンが飛びぬけて多いのです。

 

そして、このリグニンが便秘に効果を発揮します。

 

すなわち、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、

腸の有害な物質を吸い取って排便を促す働きが

あるのです。

 

さらに、このリグニンの働きとして、うんちの臭いを

押さえる働きもあります。

 

臭いの元となるインドールスカトールを抑制して

くれるのです。

 

うれしい限りですよね。

 

f:id:mada711802:20170419220103j:plain

 

食物繊維以外の栄養素もたくさん!!

 

食物繊維以外の体にいい成分も豊富です。

 

カルシウム、亜鉛マグネシウム、タンパク質等々。

 

マグネシウムは便秘解消にとても効果を発揮する

ミネラルです。

 

また、ココアの苦味成分としてテオブロミンという

成分を含んでいます。

 

テオブロミンは、自律神経を調整しリラックス効果

があるんですよ。

 

市販のココアは2種類あります!!

 

ココアをスーパー等で購入する時は、ミルクココア

ではなく、純(ピュア)ココアを選んでください。

 

ミルクココアは苦味を抑えるために、砂糖や乳性品、

ナッツなどが含まれています。

よって、糖分が多くかなり高カロリーなのです。

 

一方、純(ピュア)ココアはそういった糖分が含まれ

ていないのでかなり苦味があります。

 

このままでは飲めませんので、オリゴ糖

ハチミツを適量入れて召し上がってください。

 

ちなみに、ピュアココアのカロリーが一杯分(6g)で

16Kカロリーに対し、ミルクココアは80Kカロリー

もあるのです。

 

あと、妊娠中には気になるカフェインですが、

ココアはコーヒーの1/5程度ですから安心ですね。

 

ココアの効果的な飲み方

 

飲む量ですが、一杯(4g~6g)で一日に2~3杯ほど

飲むのがいいですね。

 

また、牛乳や豆乳を入れれば、味わい深く美味しく

いただけると思います。

 

便秘解消の効果は、早い人ですと5日目くらいから

効果が出てきます。

 

妊娠中の便秘には、ココアは大変効果的な飲み物

なんですよ!!  ^^)