妊婦の便秘を解消する食べ物&運動です!

妊娠中に起こる苦しい便秘。赤ちゃんがいるから無理なことはできません。できれば便秘薬や下剤は使いたくはないですよね。そんな妊婦さんに便秘を解消する食べ物&体操をお伝えします!!

妊娠中の便秘をヨガで治しましょう!

便秘解消の運動としてヨガはかなりお薦めです。

 

なんと言っても簡単にご自宅でできます。

 

ヨガで最も重要な呼吸が副交感神経を高めてくれます。

 

ちなみに、自分の意志とは無関係に体の機能を

調整する神経を自律神経といいますが、自律神経

交換神経副交感神経に分かれます。

 

交換神経は、活動、緊張、ストレスの時に働く神経

であり、副交感神経は、睡眠、休息、リラックスの

時に働く神経です。

 

大腸はとっても神経質な臓器なんです

 

今では大腸は、「第二の脳」と言われるほどストレスを

受けやすく、そのストレスで便秘になったり下痢に

なったりする過敏性腸症候群という病気も毎年増え

ているのです。

 

ヨガの呼吸は、ゆっくり深く呼吸します。

 

リラックスして呼吸を行うことで副交感神経を

高めてストレスを軽減し、しいては便秘を

解消する効果があるのです。

 

また、ヨガのポーズは排便に必要な腹筋も鍛えます

ので、まさに一石二鳥ということなんですね。

 

妊娠中は決して無理をしないことです!

 

スポンサーリンク

 

 

とは言え、妊娠中は決して無理をしないでください。

 

マイペースで疲れないように、お腹に刺激を

与えないように行いましょう。

 

では、便秘解消に効果のあるヨガをご紹介します!!

 

コブラのポーズ

f:id:mada711802:20170425222208j:plain

上の写真のようにお腹を伸ばして、胃腸の

インナーマッスルを鍛え、大腸のぜん動運動を

促進させます。

 

1.うつぶせになります。

 

2.両腕の脇を締めて、手は胸の横に置きます。

 

3.ゆっくりと上体を反らしていきます。

※無理して反らし過ぎない様にしてください

 

4.苦しくないところで止めて数回大きく呼吸します。

※呼吸は、ゆっくり鼻から吸って口から吐きます。

 

5.さらにもう少し反っていきます。

 

6.無理しないところで止めて5回ほど呼吸します。

 

 

橋のポーズ

f:id:mada711802:20170425222128j:plain

 

こちらは、コブラのポーズとは逆になります。

 

大腸の下腹部から太ももインナーマッスル

鍛えられます。

 

1.ひざを曲げて仰向けになります。

 

2.手のひらは床につけて、両足は若干開きます。

 

3.頭、両肩はつけたままで

 

4.そのまま腰を上げます。

 

5.その状態のままで5回程呼吸します。

 

本来の橋のポーズは、もっと腰を上げたり手の

位置が若干違うのですが、妊婦さんの場合は

このように無理のない状態で行って下さい。

 

以上ですが、最初のうちは両方とも結構お腹に

きますから無理しないでくださいね。

 

 楽しみながら続けることが大事です!!